愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)

4.43
  • (284)
  • (135)
  • (54)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 1342
レビュー : 169
著者 :
okurairiさん 殿堂入り(オールジャンル)   読み終わった 

もういい歳なのに泣いてしまった。
ギンのキツネっぽい顔と横顔がとても好き。
本編以外の読み切り2編と描き下ろし番外編もとてもよい。

私は基本的に、大事な出来事を台詞のみで説明する作品は好きではないのですが、無駄な描写をせずに、短いセンテンスで出来事を推測させる台詞選びをしている作品は本当に素晴らしいと思う。
緑川さんの作品は全部そんな厳選された台詞が多くて、本当にセンスのある人で、そして丁寧に丁寧に、一語一語拾ってらっしゃるのだなあと感嘆する。
「蛍火の杜へ」だと、物語最初の方でギンが蛍に「お前は恐がらないね」と言う、そのたった一言で、ギンがこれまで出会った人間たちに恐れられている場面がなくても、そうであったことがわかるわけです。

無駄な台詞もコマもまったくないからこそ、物語が結晶のように純化されて心を揺さぶられるんだろうなあ、としみじみ。

レビュー投稿日
2013年8月14日
読了日
2013年8月7日
本棚登録日
2013年8月7日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMIC...』のレビューをもっとみる

『愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする