読書状況 読みたい
読書状況 読みたい

前々から気になっていた書籍。
著者のリンダ・リウカスさんが保護者に宛てたまえがきで述べている通り「「プログラマー的思考方法」の基本的な考え方」が楽しいストーリー仕立て、絵本という形式でわかりやすく書かれています。
命令は詳細に、言葉の定義は正しく、シンプルに思考する、分担や処理の流れを考える、再利用する、シェアすることの意義、トライ&エラーを繰り返すこと、など、これまで他のプログラミング入門書などでも触れられていることです。そうしたプログラミング的思考方法が、物語の中で自然と感じとられるようになっています。
ぜひ、親子で一緒に読んでみて欲しい本です。
と、いうか私のような文系の人間にはとても役立ちます。そんな大人の子たちにもおすすめです。

2019年2月27日

読書状況 読み終わった [2019年2月27日]
カテゴリ 絵本・児童書

知花くららさんのお名前はなんとなく知っていいたけれど、歌も詠まれる方とは知らず、意外感もあり、楽しそうなので購入。元は週刊朝日に連載されたものとのこと。
短歌とは、どんな技法があるか、実例を上げながら、知花さんが永田さん対談、教えを請いながら理解を深めていくという形。まったくの門外漢には難しい面もあり、すぐに歌が作れるようになるわけでもないが、短歌の心というのはわかった気がする。繰り返し読みたいと思う。

2019年2月5日

読書状況 読み終わった [2019年2月5日]
カテゴリ 詩歌

ブッカー賞受賞で故 児玉清氏が推薦していたとのことだったが、私には高尚すぎて言わんとしているところを理解できなかった。面白くなくは無かったけれど。
ひたすら、えんえんと続く、叙述される主人公の過去と現在を行き交っての脳内独白とも言える言葉を読んでいくのは辛かった。

2019年2月27日

読書状況 読み終わった [2019年2月22日]
カテゴリ 小説
読書状況 読みたい

このストレートなタイトルもあり、話題になっていることは知っていましたが、ひょんなことから手に入り、読み始めたら一気に終了。
タイトルから想起されるイメージとは裏腹(どんなイメージなんだ)に、内容はとても真面目。
母娘関係、男女・夫婦関係、性愛について、学校教育の問題、教師のおかれた現状など、ずっしりと重い問題なのだが、軽妙な筆致でずんずんと読ませてくれる。
タイトルに臆することなくぜひ手にとってみて頂きたい一冊。

2019年1月17日

読書状況 読み終わった [2019年1月16日]
カテゴリ 小説
タグ
読書状況 読みたい
読書状況 いま読んでる
読書状況 読みたい
ツイートする