オウリィと呼ばれたころ―終戦をはさんだ自伝物語

著者 :
  • 理論社 (2014年10月1日発売)
4.23
  • (12)
  • (5)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 69
感想 : 9
4

子どもの頃、わくわくしながら読んだ「だれも知らない小さな国」。それをはじめとして、コロボックルシリーズは全て読み、子どもたちにも読み聞かせした私の大好きな作品。
その作者 佐藤さとるさんの第二次大戦を挟んだ、少年から青年時代の「自伝物語」
佐藤さんの筆になるので、読みやすい文章。その後生み出される物語の温かさのみなもとになる、おおらかで優しい人柄がわかる作品。
本格的な執筆活動を行うことになる、その後の物語もぜひ読みたいものだ。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ノンフィクション
感想投稿日 : 2015年2月1日
読了日 : 2015年1月23日
本棚登録日 : 2014年12月14日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする