世の中への扉 海をわたる被爆ピアノ

著者 :
  • 講談社 (2010年7月27日発売)
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 5
5

ピアノの調理師である矢川さんが、被爆ピアノとの出会いによって、様々な人々の人生や思いに触れ、ピアノを通じて平和の芽の育てるお話です。

ピアノを弾く人々にとってのピアノは、己のCPUでもありSSDでもあり入力装置でもあるもの。
被爆ピアノは、原爆の恐ろしさや平和の大切さを音感で伝える、後世にハンドオーバーすべき楽器だなあと、本を読んで感じました。

P90の「平和という言葉は、どこか、つかみどころがありません。自分には何ができるのかと考えはじめると、下手をすると、堂々めぐりになってしまいかねません。自分のできる範囲で、何かをこつこつとつみ重ねていくしかないのです」という一文。
私もできることを励もうと思えました。

しかし、まさかジョージ・ウインストンも被爆ピアノを演奏していたとは。
彼の演奏会に行ったことあるのでつい思ってしまうのですが、被爆ピアノでジョージのトレモロがどんな響きを奏でたんだろう。
想像・・。

ピアノが好きだ。うまくはないけれど、ピアノが好きだ。
そう思い出させてくれたこの本に感謝。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2020年3月31日
読了日 : 2020年3月31日
本棚登録日 : 2020年3月31日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする