KAGEROU

2.70
  • (82)
  • (343)
  • (994)
  • (697)
  • (262)
本棚登録 : 4973
レビュー : 1190
著者 :
マリさん  未設定  読み終わった 

ネタばれ。
プロの作家が書いた作品だと思って感想。
読める。素人の作品は飽きて読めないわけで、次のページをめくりたくなる力があるのは凄いことですが、プロなら読めるのはあたりまえなので、これを褒めるのはかえって失礼だと思います。
表面上はさらさら読めて、ああこういうことね、と思うけど、本を読む喜び、文章を味わい、キャラに感情移入する喜びがないのがつらいです。
彼が自殺に至るまでの苦しみがまるで伝わってこない。
借金で自殺は少なくないと思うけど、みんな同じ気持ちということはありえないはずです。傍目にはどう見えても。
キョウヤ君には彼なりの苦しみや割り切りがあったはずです。謎の男に徹さず、あんなふうな終わり方をするなら、彼の生というものを考えてもよかったはず。
ヤスオくん、何の努力もせず、若い体を手にいれて借金もチャラになり、彼女もできてよかったね。
私はひねくれものなので、ついついそんな意地の悪い感想を抱いてしまいました。

斎藤智裕氏は悪くないです。
ただ、芸能人の書いた小説として出ていればよかったのに、と思います。


1月27日追記。
ライトノベルとは違うと思います。
ライトノベルの軽い読み口は計算されたもので、文章やキャラや物語はプロの仕事を果たしていると思うので。
一般小説や漫画にいい悪いがあるように、ライトノベルにもいい悪いはあると思いますけれども。
ひとくくりにするのは乱暴だと思いました。

レビュー投稿日
2011年1月11日
読了日
2011年1月11日
本棚登録日
2011年1月11日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『KAGEROU』のレビューをもっとみる

『KAGEROU』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする