煉獄の誕生 (叢書・ウニベルシタス)

3.43
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 36
レビュー : 2
onirokuさん 西洋史歴史学   読み終わった 

中世ヨーロッパにキリスト教が広がり、人々の中に「天国」や「地獄」と言った概念が埋め付けされていった時、キリスト教会に一つの問題が立ち上がる。善行を常に行うものは「天国」の道を進む。悪行を行ったものは「地獄」へと進む。しかし、咎人は思う、「我々の進む道は地獄しかないのか」と。そのような宗教的フラストレーションを教会は心理的に解消するために「煉獄」という概念を作った。では「煉獄」というものはどのようなものなのか。それが本書で明かされる。現代中世史において、一つの問題作であり、名著である。異論は多くある。しかし、この作品で「煉獄」の概念が再評価されたことは歴史学の大きなターニングポイントである。

レビュー投稿日
2011年2月28日
読了日
2011年2月28日
本棚登録日
2011年2月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『煉獄の誕生 (叢書・ウニベルシタス)』のレビューをもっとみる

『煉獄の誕生 (叢書・ウニベルシタス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『煉獄の誕生 (叢書・ウニベルシタス)』にonirokuさんがつけたタグ

ツイートする