ペンギンの憂鬱 (新潮クレスト・ブックス)

3.72
  • (105)
  • (163)
  • (205)
  • (10)
  • (5)
本棚登録 : 1343
レビュー : 185
制作 : 沼野 恭子 
onisaeさん  未設定  未設定

ジャケ買い&タイトル買いだったわりに、あたりだった。不条理な巻き込まれ型ミステリといったところかで、憂鬱症のペンギン、ミーシャのユーモラスな存在感が話の重要な要。面倒を見ることになったマフィアの娘と主人公の友達の警官、そしてペンギンとのなごやかな休日のくだりなんかが個人的には好きで、サスペンスなお話だけど、この微妙にゆったりとした空気が流れているところがこの本の持ち味。話の舞台である、自分がよく知らないキエフという街にも思いを馳せてしまう。

レビュー投稿日
2006年6月13日
本棚登録日
2006年6月13日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ペンギンの憂鬱 (新潮クレスト・ブックス...』のレビューをもっとみる

『ペンギンの憂鬱 (新潮クレスト・ブックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする