早雲の軍配者

4.05
  • (140)
  • (224)
  • (87)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 995
レビュー : 170
著者 :
おのひろさん すごくお勧めの本   読み終わった 

韮山のお寺で下働きをしながら勉強する小太郎は、伊勢早瑞(北条早雲)の目に留まり、孫の千代丸(北条氏康)軍配者として期待され、足利学校で軍配者を学ぶ機会を得る。北条家の軍配者となった風魔小太郎の少年期の物語。 山本勘助や曾我冬ノ助と机を並べ共に学んでいく。軍配者という言葉は、初めて聞いた。 有意注意、大局を見つつ、ちょっとした変化も見逃さず、自国軍を守るために立場を超えて進言する小太郎は、かっこよかった。 これから残りの軍配者シリーズを読んでみたい。 

レビュー投稿日
2011年12月31日
読了日
2011年12月31日
本棚登録日
2011年3月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『早雲の軍配者』のレビューをもっとみる

『早雲の軍配者』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『早雲の軍配者』におのひろさんがつけたタグ

ツイートする