戦争の日本中世史: 「下剋上」は本当にあったのか (新潮選書)

4.03
  • (20)
  • (31)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 291
レビュー : 32
著者 :
うどんさん 歴史モノ   読み終わった 

鎌倉幕府末期から南北朝の争いを経て応仁の乱までの日本中世、戦乱は乱発し、武士たちにとって「死」は身近な時代だった。だから、その時代の日本人は今とは違って、喜び勇んで戦乱に身を投じていたと考えるかもしれない。

しかし、どの時代だって、人間は死を恐れるし、平和に暮らしたいはず。そう考えて日本中世史をながめてみれば、違う世界、人間が見える。

南北朝に分裂した天皇家と足利将軍が争い合う時代、武士たちは裏切りを繰り返し、複雑で混沌としていた。著者はこうした離合集散する武士たちのマインドについて、死を避け、富を得るために戦闘参加していたとシンプルに定義する。忠義、正義なんて言葉が登場する前の時代であればこその斬新な発想。

武士同士の戦闘に大義や革命、階級闘争なんて大げさな意味を見つけようとせず、現代と同じ人間の行動だと割り切ってしまえば、臆病で、子孫を守りたいという今と同じ感情が浮かび上がる。歴史上の人物はドラマチックであってほしいという大河ドラマファンと歴史学者の考え方は異なるのだ。

レビュー投稿日
2019年2月11日
読了日
2019年2月11日
本棚登録日
2019年2月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『戦争の日本中世史: 「下剋上」は本当にあ...』のレビューをもっとみる

『戦争の日本中世史: 「下剋上」は本当にあったのか (新潮選書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする