鬱の力 (幻冬舎新書)

3.19
  • (7)
  • (34)
  • (85)
  • (16)
  • (2)
本棚登録 : 360
レビュー : 48
だいさん 医療*心理   読み終わった 

うつは治す必要がある?人間が持つ、本来の悲しい気持をうつと勘違いしていないか?無理に治す必要がないものもある。
日本社会は欝へ向っていないか?高度成長期がそうとするならば。代替医療の流行は、医療格差があることと関係がある。
診断基準としてDSM-Ⅲが出てくる。現象を見て診断することは、診療⇒クックブックになっていないか?治療に関しての様々な薬、使えば何らかの効果はある。診断法同様に変わったものとして、救急のコンビニ受診、自殺者、そして神(宗教)と死刑について。死刑吏とは何であるのか?
医療を取り巻く取り止めのない話から、人々の感覚的なもの、物事の受け取り方などの、取り留めのない話が続く。宗教的思想で〆るしかない。

respect びあしん慶次郎  さん

レビュー投稿日
2013年7月27日
読了日
2013年1月22日
本棚登録日
2013年1月19日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『鬱の力 (幻冬舎新書)』のレビューをもっとみる

『鬱の力 (幻冬舎新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『鬱の力 (幻冬舎新書)』にだいさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする