覆面作家の愛の歌 (角川文庫)

3.46
  • (77)
  • (140)
  • (317)
  • (30)
  • (3)
本棚登録 : 1172
レビュー : 95
著者 :
制作 : 高野 文子 
うさぎさん  未設定  読み終わった 

今回も面白かった☆相変わらずの二重人格っぷりがまたいい!今回はあらたなキャラも出てきて、岡部兄弟ともになんだか進展な予感☆ただ、最後の章のトリックがイマイチわかりにくかったf^_^;でも好きな世界観ですよ☆続編も積んであるので楽しみです☆誘拐の話、演劇をやっている若い女性が殺される話は最近の現実社会でも起こっている事件とちょっと似ている気がしてある意味、怖い気持ちになりましたが。

レビュー投稿日
2019年6月12日
読了日
2015年9月12日
本棚登録日
2019年6月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『覆面作家の愛の歌 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『覆面作家の愛の歌 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする