センチメンタル・シカゴ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

3.58
  • (11)
  • (13)
  • (36)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 144
レビュー : 9
制作 : 山本 やよい 
orangigieさん  未設定  読み終わった 

何冊目まで読んだか忘れてしまったが、このシリーズは随分前に読んで結構面白かったのは覚えている。しかし内容も忘れていたので再読することにした。でもまた最初から読むのは癪に障るので3冊目から。
株券の偽造発覚に端を発し、犯人を突き止めようとする探偵の主人公、ヴィク。職業は堅気じゃないけど、クールでドライな、格好いいキャリアウーマンってこんな感じだろうか。
株券偽造を筆頭に、IT技術の発達でもう現在ではあり得ないものがいくつも出てくる。しかしそれでも、やっぱりおもしろかった。

レビュー投稿日
2019年1月31日
読了日
-
本棚登録日
2019年1月31日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『センチメンタル・シカゴ (ハヤカワ・ミス...』のレビューをもっとみる

『センチメンタル・シカゴ (ハヤカワ・ミステリ文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

サラ・パレツキーの作品一覧

サラ・パレツキーの作品ランキング・新刊情報

ツイートする