犬の消えた日 (幻冬舎文庫 犬 1-2)

3.30
  • (2)
  • (4)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 10
著者 :
orcaorcaさん 児童読み物   読み終わった 

戦時中の、ペットとして飼われていた犬の供出について、
実際に犬を供出した人の話をもとに書かれた本。

私が読んだのは文庫版ですが、もともとは
金の星社から出された児童書です。

事実を元に、ある一家族を追ったものなので
仕方ないのかなとも思いましたが、
終わりかたがやや唐突に感じられました。

でも、この本の話をしたら、やっぱりまわりも
「動物園の話はよくきくけど、ペットの犬まで
処分されたなんて知らなかった」という反応だったので、
こういう本はあるべきだと思うし、知ってほしいと思います。

(2009年11月24日購入)

レビュー投稿日
2009年12月30日
読了日
2009年12月19日
本棚登録日
2009年12月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『犬の消えた日 (幻冬舎文庫 犬 1-2)』のレビューをもっとみる

『犬の消えた日 (幻冬舎文庫 犬 1-2)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする