蟹工船・党生活者 (角川文庫)

3.31
  • (6)
  • (20)
  • (45)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 316
レビュー : 28
著者 :
orenoutyuさん 一般   読み終わった 

プロレタリア文学とかそういうの抜きにしても物語として面白かった。
さすがたっきー!
新装版だからか?読みやすかったし。
しかし、啓蒙として考えた場合はどうなんでしょうかね。
「党生活者」なんて、「俺は搾取され続ける大衆のために己を犠牲にしても戦わねばならぬ」という壮大な思想に酔ってる感も漂っててちょいと鼻白む部分もあったりする。
自分の生活費のために、女をカフェで働かせてしかも「あいつは自覚が足りない」とか。今見たら、とっても酷いw
ブルジョワの搾取っぷりも鬼畜だったんでしょうけど。

レビュー投稿日
2013年7月24日
読了日
2013年7月24日
本棚登録日
2013年7月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『蟹工船・党生活者 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『蟹工船・党生活者 (角川文庫)』にorenoutyuさんがつけたタグ

ツイートする