螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫)

3.47
  • (267)
  • (530)
  • (1139)
  • (80)
  • (14)
本棚登録 : 5165
レビュー : 417
著者 :
organfanさん  未設定  読み終わった 

2014.8.7
二度目。一度目読んだ時はめくら柳しか好きじゃなかったが、今回は全て楽しめた。
螢は突撃隊がたっぷりでてくる。
納屋を焼く。なぜ納屋をという疑問からはじまり、納屋は焼かれるべきであるし、いっそ焼きたいとさえ思う、主人公の心の移り変わりがおもしろい。
踊る小人はファンタジー。象工場もでてきて最高。
めくらやなぎむしゃむしゃ。
ドイツ幻想、不確かなドイツの断片〜不思議な心地よさ。

レビュー投稿日
2014年8月7日
読了日
2014年8月7日
本棚登録日
2014年8月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫...』のレビューをもっとみる

『螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする