ハーレムの闘う本屋

4.19
  • (21)
  • (13)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 216
レビュー : 29
oriduru1970さん 児童書   読み終わった 

ハーレムで初めて、黒人のための本屋を開いたルイス・ミショーの物語。ルイス・ミショーの弟の孫が15年以上かけて書いた本。

ルイス・ミショーや彼の周囲の人達の独白や写真、新聞記事や広告、FBIの記録などで構成された珍しい小説。小説なのかは正直分からないけど、たぶん小説だろう。

黒人はまず自分自身を知らなくてはならない、という信念に一生を捧げた人。

ニッキ・ジョバンニもこのお店の常連だったし、ボールドウィンの本も扱っていたんだって!それを思うと、そんなに昔の話でもないんだなぁ…。

この本は信念を持った超人的な普通の人だらけだ。原著も読みたい。

レビュー投稿日
2017年6月24日
読了日
2017年6月26日
本棚登録日
2017年6月24日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ハーレムの闘う本屋』のレビューをもっとみる

『ハーレムの闘う本屋』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする