わたしが外人だったころ (たくさんのふしぎ傑作集)

4.10
  • (9)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 95
レビュー : 12
著者 :
制作 : 佐々木 マキ 
oriduru1970さん 児童書   読み終わった 

歴史の対談の本を読んで、この人に興味を持ったので読んでみた。

戦前に外国の正しい情報を持っている人は、みんな日本が負けると知っていた。この人はどうして、負ける時に敗戦国にいたいと思ったんだろう?

何日かおきに血を吐くような持病を持っている人まで徴兵されたのか…。今は大丈夫なの?

なぜ自分がここにいるのかよくわからないという頼りない気分が、今ではわたしのくらしをささえている力になっている…。わたしも、こんなふうに生きられるのかな。

レビュー投稿日
2017年3月25日
読了日
2017年3月25日
本棚登録日
2017年3月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『わたしが外人だったころ (たくさんのふし...』のレビューをもっとみる

『わたしが外人だったころ (たくさんのふしぎ傑作集)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする