セメント樽の中の手紙

3.32
  • (5)
  • (6)
  • (15)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 85
レビュー : 11
著者 :
oriduru1970さん 朗読   読み終わった 

能登麻美子おはなしNOTE 2016/07/02更新

女工が恋人のセメントがいつどこで使われたのかを知りたがったのは、それが彼の葬られた日、葬られた場所だからだ。彼女は彼を棺に入れ、死に化粧を施し、死に水を与え、火葬で送ることができない。せめて、恋人がどこへ連れて行かれたかを知りたいのだ。

予三にとって、七人目の子どもは希望ではない。彼の子ども達は、貧しくいつ死んでもおかしくなかった彼の両親であり、いつ死んでもおかしくない彼自身であり、死んでしまった女工の恋人であり、悲しみに張り裂けた心を手紙に託すしかなかった女工だ。予三の子ども、予三の未来は、いつ死んでもおかしくない所から、抜け出すあても見つけられない未来だ。

プロレタリア文学ってすごいな。

黒ごま豆乳かぁ。

レビュー投稿日
2016年7月2日
読了日
2016年7月2日
本棚登録日
2016年7月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『セメント樽の中の手紙』のレビューをもっとみる

『セメント樽の中の手紙』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『セメント樽の中の手紙』にoriduru1970さんがつけたタグ

ツイートする