小さき者へ・生れ出づる悩み (新潮文庫)

3.62
  • (66)
  • (80)
  • (150)
  • (16)
  • (1)
本棚登録 : 918
レビュー : 110
著者 :
越後の鬼人さん 古典文学   読み終わった 

未来ある子ども達へのエール「小さき者へ」、芸術の崇高さを理解しつつも余りに厳しすぎる漁師の生き方とのギャップに苦しむ一人の男を描いた「生れ出づる悩み」。どっちもストレートでなかなか良い。後者は美しくも畏れを抱いてしまう自然描写が見事。

レビュー投稿日
2019年8月17日
読了日
2019年8月17日
本棚登録日
2019年8月17日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『小さき者へ・生れ出づる悩み (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『小さき者へ・生れ出づる悩み (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする