内なる宇宙 下 (創元SF文庫)

3.86
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 2
越後の鬼人さん 小説   読み終わった 

ハントシリーズ最終巻。全4作で巻が進むにつれ言えることだが、科学レベルが進歩しすぎて、やや現実味が薄れる傾向がある(SFだから当たり前なんだけど)。前3作との大きな違いは相手が人工知能ならぬ人工生命であること。ハントシリーズならではの怒涛の後半謎解きは健在で、引き込まれること間違いなし。本格SF特有の科学的視点で、記憶操作を淡々と描くシーンはゾワッとくる。

レビュー投稿日
2015年11月16日
読了日
2015年11月16日
本棚登録日
2015年11月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『内なる宇宙 下 (創元SF文庫)』のレビューをもっとみる

『内なる宇宙 下 (創元SF文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする