最後の恋 プレミアム―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)

2.85
  • (7)
  • (33)
  • (118)
  • (73)
  • (5)
本棚登録 : 809
レビュー : 81
おりごとうさん 恋愛   読み終わった 

最後のほうはなんとなく話が連鎖してってるようなおもしろさがあった。阿川さんの「森で待つ」が一番印象的。やたら頑固で一途で、そしてもろい主人公の姿がせつなくてせつなくて。リゾってやつはーもぉっ!ってもやもやするけど、それでもみんなを惹き付ける....こーゆー憎めない人いるよね~~私も大好き(笑)最後の最期に幸せなら、それで十分なのかな。

レビュー投稿日
2014年5月21日
読了日
2014年5月21日
本棚登録日
2014年5月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『最後の恋 プレミアム―つまり、自分史上最...』のレビューをもっとみる

『最後の恋 プレミアム―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする