スキップ (新潮文庫)

3.67
  • (517)
  • (564)
  • (1018)
  • (80)
  • (24)
本棚登録 : 4308
レビュー : 555
著者 :
oryzae18さん 開拓本   読み終わった 

何かを思い出す、切ない青春ミステリー

北村薫さんの、時と人三部作のひとつ。
ある日突然、17才の高校生が42才の高校教師になってしまう話。設定はSFそのものですが、これは、SF小説では無く、青春小説であると感じました。
物語はとてもゆっくり進むので、私も読むのに時間がかかりました。しかし、この本はゆっくり読むのがちょうど良いと思います。主人公目線から感じられる、どうしようもないもどかしさ、過ぎ去った時間を思う切なさがとても綺麗な言葉で書かれています。急いで読みとばすのはもったいないです。
必ず、心のどこかに響く言葉があると思います。切なさが残る読了感も独特ですが、ぜひ読んでみて欲しい作品です。

レビュー投稿日
2012年2月12日
読了日
2012年2月11日
本棚登録日
2011年5月15日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『スキップ (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『スキップ (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『スキップ (新潮文庫)』にoryzae18さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする