新装版 孫子(上) (講談社文庫)

  • 講談社 (2008年7月15日発売)
3.64
  • (5)
  • (13)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 122
感想 : 12
3

孫子の兵法で有名な孫武を描いた一冊。一介の軍略家がどうやって呉を代表する大軍師まで上り詰めたかが記されている。おなじみの呉王の愛妾を軍事訓練で処刑して、軍事においては国王の命令に背かなければいけない時もあると、軍規の絶対性を説くエピソードもあった。特に、呉子杵との身の振り方のコントラストも痛烈だった。新王に変わったらさっさと隠遁してしまおうとする孫武とあくまでも呉にすがりついて助けようとする呉子杵の姿勢と生き方の違いがとても印象に残った。あの時、孫武が呉に残っていたら、と思ってしまった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 歴史
感想投稿日 : 2011年12月18日
読了日 : 2011年12月18日
本棚登録日 : 2011年9月20日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする