死ぬ気まんまん

3.89
  • (38)
  • (65)
  • (37)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 382
レビュー : 78
著者 :
osawatさん 小説   読み終わった 

☆p.96 平井医師:人間は50から55歳くらいまでは遺伝子が生存・生殖モードで元気に仕事ができる。それを過ぎると、肉体的、精神的な欲望も衰える。
☆代表作:100万回生きたねこ、おじさんのかさ、わたしのぼうし、エッセイ「神も仏もありませぬ」で小林秀雄賞。
☆関川夏央が最後に書いている『「旅先」の人』というタイトルの解説がなかなかいい。

レビュー投稿日
2018年10月18日
読了日
2018年10月18日
本棚登録日
2018年10月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『死ぬ気まんまん』のレビューをもっとみる

『死ぬ気まんまん』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする