遠州七不思議

0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 1
著者 :
lttrsさん 絵本   読み終わった 

◆文は、地元の郷土研究家・石野茂子。絵は型染版画家・田中清の美しい型染めで。「三度栗」「小夜の中山夜泣き石」「浪の音(浪小僧)」「無間の鐘」「片葉の葦」「桜が池のお櫃納め」「京丸ぼたん」収録。
◆私の原風景は5歳から小3まで過ごした遠州にあります。県内転勤族だった父は、引っ越すとその地の名所に連れて行ってくれました。「小夜の中山」の「夜泣き石」伝説や「桜が池」の伝説は、転居の不安にいる私を魅了し、たびたび慰めてくれました。
◆古書店にて、その伝説が美しい絵本になっているのに出会い、思わず購入。懐かしい。「桜が池」伝説は、大好きだったもう一つの伝説「佐倉姫と牛鬼」について触れられていなかったのが残念。
【2013/09/29】

レビュー投稿日
2013年9月29日
読了日
2013年9月29日
本棚登録日
2013年9月29日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『遠州七不思議』のレビューをもっとみる

『遠州七不思議』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『遠州七不思議』にlttrsさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする