検察崩壊 失われた正義

3.93
  • (10)
  • (18)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 136
レビュー : 19
著者 :
oscar44akiさん ノンフィクション   読み終わった 

小沢さんは検察では不起訴になったが、検察審査会では起訴
相当となった。一見検察の意向に添わず無理筋で起訴になったと思えますが、実は検察の一部がわざと検察審査会で起訴に誘導するように行っていたということを関係者のインタビューという形式で検証していく。
検察という権力をもった組織が一刻の宰相選びさえも自分の意に沿うように妨害できてしまうという恐ろしさがわかる。

レビュー投稿日
2013年2月16日
読了日
2013年2月16日
本棚登録日
2013年2月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『検察崩壊 失われた正義』のレビューをもっとみる

『検察崩壊 失われた正義』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする