講談落語今昔譚 (東洋文庫 (652))

0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 1
著者 :
大手前大学・大手前短期大学 メディアライブラリーCELLさん 「寿限無」の言語学   読みたい 

<閲覧スタッフより>
「落語」とは?
江戸中期に始まった庶民的な話芸。 人情ものや怪談ものなど、様々なカテゴリがあり、噺の最後に「落ち」と呼ばれる結末がつくため、「落語」と言われます。 また、同じ噺でも噺家によって違ったりと、色々な楽しみ方があります。

--------------------------------------
所在記号:779.12||セモ
資料番号:10120537
--------------------------------------

レビュー投稿日
2014年11月24日
本棚登録日
2014年11月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『講談落語今昔譚 (東洋文庫 (652))』のレビューをもっとみる

『講談落語今昔譚 (東洋文庫 (652))』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする