京都 高瀬川―角倉了以・素庵の遺産

5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 1
著者 :
大手前大学・大手前短期大学 メディアライブラリーCELLさん 美しい本を造った人たち:角倉素庵とW.モリス   読みたい 

<閲覧スタッフより>
近世京都を大いに発展させた要因のひとつ、高瀬川。鴨川の水を利用した小さな川を伏見港まで開削し、京都の物流を支える大きな運河にしたのが角倉了以という豪商だった。了以は角倉素庵の父である。近世京都の発展に欠くことのできない高瀬川の歴史を追った一冊です。

--------------------------------------
所在番号:216.2||イタ
資料番号:10170413
--------------------------------------

レビュー投稿日
2014年10月1日
本棚登録日
2014年9月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『京都 高瀬川―角倉了以・素庵の遺産』のレビューをもっとみる

『京都 高瀬川―角倉了以・素庵の遺産』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする