昭和元禄落語心中(5) (KCx)

4.16
  • (133)
  • (157)
  • (64)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 1480
レビュー : 85
著者 :
oto0620さん 和書(コミック・青年)   読み終わった 

“ 落語を捨てた助六が、暮らす田舎の温泉街。愛想尽かしたみよ吉は、子供を置いて出たっきり。「八雲を継いで 落語をなさい」。言って聞かせる菊比古に、助六、ひねくれ駄々こねる。引っ張り出された場末の高座。それでも演れねぇはずがない。娘・小夏を笑わせて、も一度あの日の夢を見る―。
八雲と助六篇、完結!そして物語は再び与太郎のもとへ―!”―裏表紙より。

レビュー投稿日
2018年4月15日
読了日
-
本棚登録日
2017年6月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『昭和元禄落語心中(5) (KCx)』のレビューをもっとみる

『昭和元禄落語心中(5) (KCx)』にoto0620さんがつけたタグ

ツイートする