乱と灰色の世界 1巻 (BEAM COMIX)

4.36
  • (673)
  • (395)
  • (180)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 3750
レビュー : 315
著者 :
思いのほかゆるい平さん  未設定  読み終わった 

おとなになるってこういうことだったりもするんじゃないんだったっけ、ということを考える。

全7巻。登録はこの1巻のみで。
さいしょはこの作者の短編集がとても良くて、あともう出てくる女のひとたちみんなかわいいし、おっさんじいさんもかわいいし、その流れで買ってみて、とても面白くて、ただこういう長編になるととちゅうで広げた風呂敷回収できなくなるんじゃないの不安症におちいりやすい人間なのでもう途中から不安で不安でフアンフアン、パンダのファンファンみたいに(このネタどっかで見たな。稲中だっけ)なってしまってそしていつの間にか5、6年経っているのである。そしてようやくの完結。最終巻がとってもとってもよかった。自我がめばえるというか、それとはちょっと違うか。こないだヨルタモリで三谷幸喜が自我がめばえたのが20歳くらいとか言ってたのが大変おもしろかったのと同時にあれ、だったらおれは?となって一気に怖くなった(もしかしてまだ自我ないんちゃうかといっしゅん考えた。間違っていないかもしれない)。ええとちゃうちゃう、そうじゃなくて、がらっと世界の見え方が変わるような瞬間がそれはもうビシッと描きこまれていて、そこにそれまでの、下手をするとわたくしのように不安でやきもきしてしまっていたようなあれやらこれやらがそこに収斂している、そう読めた。ともかく、とてもよい漫画だったと思う。

レビュー投稿日
2015年7月31日
読了日
2015年7月31日
本棚登録日
2015年7月31日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『乱と灰色の世界 1巻 (BEAM COM...』のレビューをもっとみる

『乱と灰色の世界 1巻 (BEAM COMIX)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする