アメン父 (講談社文芸文庫)

3.69
  • (3)
  • (5)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 1
著者 :
思いのほかゆるい平さん  未設定  読み終わった 

くっきりとした記憶のわきから靄のような記憶が割り込んできていつのまにかその輪郭は明確になり、そしてその間にも別の記憶が朦朧としたままどこからろもなく湧きだしてきて…ということを考える。

とてもあいまいで、いろいろと見聞きはしてきたし、それよりなにより(赤の他人にくらべて)長きにわたり実際に触れあってきたけど、知っている、とははっきりと言いきれない、父親のすがたかたち生きかたを、まわりくどい言い方を厭わずに書きつらね続けた(おそらく著者だったらここで「生きかた」なんて言いまわしは使いたがらないだろう)ことにつよい感嘆をおぼえるのである。

なにかをおもいだしているうちに、ふっと別のことがあたまをよぎり、つぎの瞬間にはそのことが頭のなかの大半を占めているというような、記憶のよみがえりかたがそのまま文章になったようで、そういう箇所に出くわすたびにゾクゾクしてしまう。とおもうのは自分だけだろうか。

レビュー投稿日
2010年7月15日
読了日
2010年7月15日
本棚登録日
2010年7月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『アメン父 (講談社文芸文庫)』のレビューをもっとみる

『アメン父 (講談社文芸文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする