全学連と全共闘: 戦後学生運動の軌跡 (講談社現代新書 771)

著者 :
  • 講談社 (1985年4月1日発売)
2.78
  • (0)
  • (0)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 41
感想 : 2
3

こちらはかつての当事者の著作
1950年に入り、アメリカが着々と準備を進めていた朝鮮戦争がついに勃発した。(P.21)
という記述から著者がどういう立場で書いたかが分かる。北朝鮮が仕掛けた戦争であることが明らかになるのは、この本が出た後のことではあるのだが。
当事者の記録として客観性に疑いを持ちながら読むことにする。

P.211 最後のページ
その(学生運動)今後については、再び全共闘運動のような大衆的運動の高まりは期待できないとする見方と、次の大爆発へ向けて新たな水路を模索中だという見方の、二つがある。その予測はなかなか難しいが、学生は"じだいのワキ腹".、時代の矛盾・欺瞞に対する敏感な感覚を失っていず、一方で過剰管理の社会の重圧が深まっている以上、爆発の可能性は失われていないと、確かさをもって感じている人も少なくない。
ただ、そうだとしても、それまでにはまだかなりの模索時代がつづくといえるだろう。また、新しい大衆的動きが起こっても、それは以前とまったく異なった形となるだろうことだけは、予測できる。


当事者が書いたと思って読んでいたのだが、実は朝日の記者だった。さすがアカピー。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 思想
感想投稿日 : 2010年12月8日
読了日 : 2011年4月13日
本棚登録日 : 2010年11月7日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする