戦後日本の歴史認識

4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
制作 : 五百旗頭薫  小宮一夫  細谷雄一  宮城大蔵  東京財団政治外交検証研究会 
「おやっさん」さん 歴史   読み終わった 

「はじめに」にこう書かれている。
2015年は第二次世界大戦終結70周年であり、多くの諸国であの戦争、さらにはその後の70年の歩みを回顧する記念行事が行われた。
その中でも、8月14日の安倍晋三首相の「70年談話」いわゆる「安倍談話」や、8月15日の韓国の朴槿恵大統領による日本からの独立を祝う光復節演説、さらには9月3日の習近平主席の「抗日戦争勝利70周年軍事パレード」は、報道などでもその内容が大きく注目された。
現在の東アジアでは、歴史認識そのものが国際政治の歴史を大きく変えてしまうことがある。
すなわち、歴史が歴史認識を創るだけではなく、歴史認識が歴史を創ってしまうこともあるのだ。
それゆえに、東アジアの国際政治の将来を展望して、望ましい外交政策を構想するうえで、歴史認識問題は避けて通ることができないきわめて重要な外交のイシューとなっている。
という基本的な考え方のもと
以下の内容でまとめられた本である。
序章 歴史認識の歴史へ
1 戦後歴史認識の変遷を読む
第1章 吉田茂の時代――「歴史認識問題」の自主的総括
            をめぐって
第2章 佐藤栄作の時代――高度経済成長期の歴史認識
            問題
第3章 中曽根康弘の時代――外交問題化する歴史認識
第4章 沖縄と本土の溝――政治空間の変遷と歴史認識
Ⅱ 歴史認識と和解をめざして
第5章 歴史和解は可能か――日中・日韓・日米の視座
              から
第6章 東アジアの歴史認識と国際関係――安倍談話を
                   振り返って
第7章 歴史認識問題を考える書籍紹介
第8章 戦後70年を考えるうえで有益な文献を探る
となっています。

最後にのところで重要なことが書かれていました。
和解は容易ではない。
とはいえ放置すれば危機を招来する。
その間にあり得るのは「不断の危機管理」という観点ではないか。
恒久的な和解は容易ではないにしても、当座の危機管理の必要性を否定する論者はいないだろう。
忍耐強くそれを続けることが、結果として歴史認識問題をめぐる「不断の危機管理」体制を構築することに繋がる。
とありました。
如何に困難な状況が生じようと、政治家、識者、国民が共通のコンセンサスを得られるよう、とにもかくにも不断の努力を継続するしかないようであります。

レビュー投稿日
2017年7月4日
読了日
2017年7月4日
本棚登録日
2017年7月4日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『戦後日本の歴史認識』のレビューをもっとみる

『戦後日本の歴史認識』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする