資本主義はニヒリズムか

4.29
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 3
「おやっさん」さん 思想・評論・論考   読み終わった 

佐伯啓思氏の文章から引用

ミクロ的な投資主体のリスク管理は合理的になされる。

金融市場の効率性は合理的に提案できる。

市場経済の効率性は達成できる、としよう。

しかしそれですべてうまくいくかというとそうではない。

問題は、それらをすべて統合する「社会全体」を見る視点がまったく欠如している点にある。

そして、社会全体を合理的に管理できる科学は存在しない。

社会とは、政治・経済・宗教・地域共同体・歴史的構造などの複合以外の何ものでもないからだ。

だから、社会を一定の方向に導くには、全体を統合する「価値」が必要となるのである。

ニーチェはそれを「パースペクティブ」といった。

社会について論じるとは、常に、一定の視点(パースペクティブ)から論じることにほかならない。

つまり、ある「価値」を選択するほかない。


としている。

この著作は、佐伯啓思と三浦雅士という智慧・知識の巨頭が人間社会が歴史的に希求してきた「価値」について縦横無尽に語り合ったものがたりなのである。

レビュー投稿日
2009年12月1日
読了日
2009年11月27日
本棚登録日
2009年11月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『資本主義はニヒリズムか』のレビューをもっとみる

『資本主義はニヒリズムか』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする