超出禁上等! (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年12月25日発売)
3.80
  • (3)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 6
3

思っていたより、予想外におもしろかった、というのが
感想です。

ダ・ヴィンチにこの本の前作の紹介が載っていて、
本当はそっちを買いに行ったのですがなく、
代わりにこちらを買ってきたのです。

ゲッツさんの外見&「昔は悪かった」という印象から、
どこへ言っても難癖つけて、文句ばっかりの内容
なのかな~と思っていたら違いました。

確かに文句を言いはするけど、それはなんとなく
こっちも「そうだよね」と思っていたことに対する文句
だったり。
自分がおもしろかったと思ったことに対しては、
正直にそう書いているし。

それにあのコワモテなのに、セーラームーンの
ミュージカルに行っちゃったり、トイレでひっくり返って
みたり、そのギャップが笑いを誘います。

前作も読んでみたいです。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 2011年の読書
感想投稿日 : 2011年11月21日
読了日 : 2011年11月19日
本棚登録日 : 2011年11月19日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする