さらば国分寺書店のオババ (新潮文庫)

3.49
  • (42)
  • (44)
  • (141)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 532
レビュー : 44
著者 :
oyumyさん 2008年の読書   読み終わった 

昔、学生時代に読んだことがある。
今回懐かしくなって再び買って読んでみました。
昔読んだときは、読む前の「椎名誠」という人のイメージが、ビールをガブガブ飲んで、野生的でオラオラという感じだったのに、いざ読んでみると文章が「〜だもんねだもんね」だったりとか、おまわりさんに対して「あの、エト」とオドオドしちゃうとか、ものすごいイメージとのギャップを感じて、そこがすごくおもしろくて魅力的だった。

今回は、「○○的○○的」と続く文章がちょっとうるさく感じて、読み飛ばしてしまった箇所もあったけど、椎名誠さんが力説してることは「うんうん、なるほどなぁ」といちいちうなずける。
最後には、さんざん批判してた「制服関係の人」のことを、「でも実は、こうなんだよなぁ」ってちょっと認めちゃったりしてるのも、うなずける。
懐かしくなったから、「銀座のカラス」とかも読み返してみようかな。

レビュー投稿日
2008年6月16日
読了日
2008年6月15日
本棚登録日
2008年6月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『さらば国分寺書店のオババ (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『さらば国分寺書店のオババ (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする