三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)

3.07
  • (3)
  • (26)
  • (59)
  • (20)
  • (2)
本棚登録 : 314
レビュー : 57
oyumyさん 2017年の読書   読み終わった 

映画の原作はよく読むけど、映画のノベライズってあんまり読んだことなくて、この映画にちょっと興味があったので買ってみました。

う〜〜ん、なんかモヤモヤする。スッキリしない。
帯には「会うたびに変わる供述、二転三転する動機」ってあるから、もっと役所さんが巧みな話術で重盛を翻弄するのかと思ってたけど、そうでもなくない?
重盛と娘の関係も、必要あるんだかなんだか……。かかってきた電話にはどんな意味があったのさ。

でも、改めて「犯罪は犯すもんじゃない」ということは伝わりました。裁判官、検察官、弁護士のなあなあな感じで自分の量刑決まっちゃったりするんだもの。真実なんて関係ないんだもんねえ。

レビュー投稿日
2017年9月13日
読了日
2017年9月13日
本棚登録日
2017年9月13日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社...』のレビューをもっとみる

『三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする