After Many a Summer Dies the Swan: A Novel

5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 1
著者 :
尾崎さん 洋書   読み終わった 

 不死に憧れをいだくアメリカの大富豪を主人公に据え、いたずらに長命を願う人間の姿を風刺した作品。
 ニーチェの永劫回帰を皮肉な視点から描いていると感じました。ウスペンスキーに似た雰囲気を感じましたが、ハクスリーはウスペンスキーの講義にちょいちょい顔を出していたようで納得しました。
 オーソン・ウェルズがこれにインスパイアされて 『市民ケーン』 の脚本を書いたそうですが、ハクスリーがイノセンスというものを現在も存在するものとして神秘的に扱っているのに対して、ウェルズは少年期になくしてしまい二度と戻ってこない物のように扱っているのがおもしろいなあと。

レビュー投稿日
2012年3月3日
読了日
2012年3月3日
本棚登録日
2012年3月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『After Many a Summer ...』のレビューをもっとみる

『After Many a Summer Dies the Swan: A Novel』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする