新装版 テロルの決算 (文春文庫)

4.04
  • (76)
  • (91)
  • (50)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 729
レビュー : 77
著者 :
ozwizardさん 雑学(政治)   読み終わった 

政治家の浅沼稲次郎さんと、その浅沼さんを殺害した山口二矢の物語ですが、それぞれの心理的情景と行動、そういう行動を生み出す時代背景がとてもよくかけていると思いました。
まだ自分が生まれる前の時代になりますが、戦争が終わり、戦後の高度成長に移る時代で、国民が政治というものをいまよりもずっと真剣に考えていた時代であると感じます。
ソ連と米国の冷戦、それに中国という強大な国が日本をとりまくなか、国が左にいっても右にいってもおかしくない時代の雰囲気がよく伝わります。
今の若者が読むとどう感じるのだろうか?と、思わせる本でした。

レビュー投稿日
2012年12月1日
読了日
2012年11月25日
本棚登録日
2012年12月1日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新装版 テロルの決算 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『新装版 テロルの決算 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする