グランド・フィナーレ (講談社文庫)

2.90
  • (10)
  • (40)
  • (145)
  • (39)
  • (23)
本棚登録 : 693
レビュー : 84
著者 :
pa-tomamaさん 忘れん某の読書録   読み終わった 

帯に「文学がようやく阿部和重に追いついた」とあるが、このコピー考えた人はすごいと思う。 何の根拠があってこんなことを書いたのか理解できない。 グランドフィナーレはなんと言っていいかわからない。修飾が多すぎる文章は、作者がボキャブラリー豊富な人なのだろうと思われるが、少しごてごてしすぎて単純な私には読みずらい。 死に向かおうとしている少女たちに何とか思いとどまらせようとすることで自分の過去の罪を贖罪しようとしているのだろうか。 過去の性癖とは決別できたのだろうか。 「馬小屋の少女」を読んで、他人の夢に入り込んだような気がした。意味不明。 「新宿ヨドバシカメラ」以降は斜め読みで放棄した。 これが文学というものなら、文学とはよほど相性が悪いと思われる。05・5・8

レビュー投稿日
2007年11月6日
読了日
2007年11月6日
本棚登録日
2007年11月6日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『グランド・フィナーレ (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『グランド・フィナーレ (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする