ジャイロスコープ (新潮文庫)

3.27
  • (69)
  • (428)
  • (753)
  • (145)
  • (20)
本棚登録 : 4413
レビュー : 534
著者 :
pa-yanさん 伊坂 幸太郎   読み終わった 

ななつの短篇集。

久々の伊坂さん。

最初の2~3つめあたりを読んでいて
「このままこの空気の作品が短編で続いてたら
 最後まで読めないかも…」と思いました。苦笑

たぶん、いま訳分からない理不尽を突き付けられても
ついていけない!NO!っていう精神状態でした。苦笑
あほなんです、たぶん。苦笑

「if」「一人では無理がある」「彗星さんたち」は
読んだ後、なんか元気になれる、そんな作品たちでした。

ただただ、何も考えずに言葉をそのまま受け取って、
最後まで運んでもらいたい、という時にぴったりです。
ついでに、もし落ち込んでるときだったら、
読んだら必ず少しだけ元気になりたい、なんて時もぴったりです。笑

レビュー投稿日
2015年10月27日
読了日
2015年10月27日
本棚登録日
2015年10月27日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ジャイロスコープ (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『ジャイロスコープ (新潮文庫)』のレビューへのコメント

Sayakaさん (2015年11月18日)

始めの2話辺りで、私には合わないかも、と思って迷って、読むのやめようか迷い
pa-yanさんのレビューをみて、読み進むことにしました。
後半の話を読まないままにならなくて良かったです。
ありがとうございました。

pa-yanさん (2015年11月19日)

Sayakaさん
前半は、SFとか仮想現実で
デビュー当初の伏線回収でドキドキする伊坂さんではないですよね。
あの理解に苦しむ感じも好きなんですが、
気分じゃないときは
「あー、なんか疲れる...」ってなっちゃうんですよね。

後半は伊坂さんの爽やかな読後感とか、
なんかちょっとわくわくするような気持ちを
思い起こさせてくれる短編になってます。
あとがきは私的には不要でしたが。苦笑

ぜひ、最後まで読んでみてください!

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする