漢文資料を読む (日本語ライブラリー)

2.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
pacific@北海道さん 人文科学   読み終わった 

 漢文.冒頭に「(漢文を通して)文化・社会・技術などのあらゆる分野において中国を模倣することに始まり」、「日本語で理解できるシステムを古くに構築できたからでも」(「はじめに」)と、書き起こす.
 
 全15講.「訓読」「助字」「修辞法」などに始まり、「漢詩」「和化漢文」「日本漢文」と、続く.
 学部でいきなり読まされた、『類従三代格』やら『続日本紀』などは、本書の第9ー11講で検討されている.

 ともかく「レ」「二ーー一」「下 上」などの記号でタドタドしく読んだものであるが、最初に本書を通覧しておくと、理解もまた変わったかも.そのころは、新制高校出にこうした類書は想像もつかなかった.
 
 随所に、納得の項.「(『日本書紀』は)『漢書』『唐書』などに対する『日本書』.その「紀」(王の年代記」という編集意識による書名」《77p).
 講ごとに「課題」「練習問題」が配置され、課題では実践力、練習問題では応用力が身につくと、「はじめに」で提示している(朝倉書店 2014年)
 「

レビュー投稿日
2017年8月4日
読了日
2017年8月4日
本棚登録日
2017年8月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『漢文資料を読む (日本語ライブラリー)』のレビューをもっとみる

『漢文資料を読む (日本語ライブラリー)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする