ダンジョン飯 7巻 (ハルタコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA (2019年4月12日発売)
4.27
  • (113)
  • (111)
  • (41)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2071
感想 : 68
4

「彼らに本来畑や食器は不要なはずだ。それがなぜ揃っているのか」
「1千年ものあいだ、なぜそれらに手入れをし維持し続けているのか」
「それはやはり必要だったためだろう。彼らが正気を保ち生き続けるのには」

エルフと黄金城の住人登場。
出落ちにしか思えなかった1巻から、ここまで世界が広く深くなるとは。

ドワーフの貯水庫はあれ、東京都の地下では・・・。
いや、グリフィンとバトルする感じはむしろコロニーレーザーの基部・・・?

あとチルチャック初戦闘!
弓の扱いが完全に和弓!
ザ・丸木弓だけど弓返りもしてるし角見も効いてる。握りが丸いから弓を返すのは難しそうですが、引き尺もかなり取ってるし、どういう技術進化したのか、わたし気になります。

そして今巻もギャグ担当のマルシル。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: コミック
感想投稿日 : 2019年4月13日
読了日 : 2019年4月13日
本棚登録日 : 2019年4月13日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする