黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉―十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

3.89
  • (864)
  • (500)
  • (1086)
  • (19)
  • (3)
本棚登録 : 4910
レビュー : 227
著者 :
制作 : 山田 章博 
palebluedotさん ライトノベル   読み終わった 

>なぜそうなるのかは分からない。それほどのふるまいをしながら、阿選を支持するものはあとを絶たなかった。
>必ず内部から転向者が出て、瓦解してしまうのだ。
>それは確かに何らかの疫病に似ていた。罹患した者は阿選に対する反意をなくす。どんな非道も意に介さず、目の前で何が起ころうと心を動かすことがない。


ここが、この事件の最大の謎。18年間我々読者を苦しめてきた、数多の考察を退けてきた最大の難所。
この答えが、もうすぐ与えられる・・・よね?主上?

下巻巻末の『載史乍書』にある「幻術に通ず」が阿選の秘密なのか、ただの比喩表現なのか気になるところ。

レビュー投稿日
2019年10月2日
読了日
-
本棚登録日
2019年10月2日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉―十二国記...』のレビューをもっとみる

『黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉―十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする