甘々と稲妻(10) (アフタヌーンKC)

3.83
  • (13)
  • (26)
  • (18)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 375
レビュー : 15
著者 :
palebluedotさん コミック   読み終わった 

「いじわるな気持ちになるのと、いじわるをするのは別だよ」

着実に時間が進んで、もうすぐ小鳥さんが卒業です。
自分にとっての幸せが何か気づいた様子の小鳥さん。
この気づきがあるのとないのでは人生大きく違うんだろうな、と思います。
あれ、卒業してもお話続くかな?続くといいな。

小鳥さんは、両親の再婚問題とか、先生との進展を求めているのかとか微妙に落ち着きないけど、つむぎちゃんは着実に成長していって、うむむ、自分も娘の話をじっくり聞かないといけないなーと思いました。
こどもだって色々自分で考えてるし、自分で気持ちの切り替えできたりするんだよね。なかなか日々過ごしていると忘れてしまいがちなので気を付けたい。

レビュー投稿日
2018年1月8日
読了日
2018年1月7日
本棚登録日
2018年1月7日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『甘々と稲妻(10) (アフタヌーンKC)』のレビューをもっとみる

『甘々と稲妻(10) (アフタヌーンKC)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする