再読。「天女の衣の盗み方」からの閑(攻)視点表題作でより萌え。BL的にも啓蒙的にも気が上がるお得感(個人的に)。「何かをずーっと好きでいられるのはそれだけで才能」「絵を自ら売り込むのは娼婦と同じ」ううむ…。人は誰しもいつかは死ぬということに説得力のあった閑兄の「ひとでなし」発言。ラスト、嶺一郎は渡英する閑をお見送り…そこまで嶺一郎は振り切れたんだろうか。

2019年5月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年5月30日]
カテゴリ BL

いつか自分はいなくなるから…リィ切ない。ウォル絶体絶命。シェラは自分の意思で!ウォルを救いに行ったリィを追い掛ける。やたらシェラをかまうヴァンツァーがどうしても腐目線になってしまう(開き直り)。

2019年5月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年5月30日]
カテゴリ 好きな小説

読み易かった。ユンファのエピが優しくて良いですね。予定調和もよろし。

2019年5月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年5月30日]
カテゴリ サクっと BL

尊いサイン本。表題通りの可愛いお話。神絵の相乗効果もあり楽しく読了。

2019年5月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年5月30日]
カテゴリ BL

お洒落なカバー。超感動した『ワンルームエンジェル』からはらだ作品逆行中。BLの登場人物で女子に惚れたのはお初かも。舞子ちゃんのキャラが眩しい。

2019年5月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年5月30日]
カテゴリ BL

暴君イケメン受けが「好きになって」と涙するシーン好き。表紙の攻めの目だけこちらに流し目をくれる絵は内容とギャップが…(最近やたら多いなぁ。内容と合っていればアリなのだけど)。

2019年5月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年5月30日]

どうしても主人公(ココ)よりリチェ達の方が魅力的に感じる。

2019年5月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年5月30日]

「元気でな バカ弟子」く〜っ!ミカが幼くなってる絵面がニクい。ミカは泳げない(覚書)

2019年5月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年5月30日]
カテゴリ 好きなコミック

とても好き。『この子は一生を獣と過ごすだろう』という予言がこんなにも尊いものになるなんて…満足。痛み、切なさ、愛しさ、肉親愛、主従愛といっぱいの感動をもらって泣けた。感謝★絵師の榊空也さんも♡幼い(→長じる)青麟、心身ともに綺麗な琉央もカッコ良いモフ綺羅も見事に描いてくれている。

2019年5月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年5月30日]
カテゴリ 好きなBL

前巻の己のレビュー見て殆ど同じ読後感なのにため息。個人的にやっぱり攻め受け逆の方が好みだなぁ。

2019年5月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年5月30日]
カテゴリ サクっと BL

リィの力恐るべし。凄い治癒力。でも元の世界からお迎えが来るようだ。どーする、ウォル? 他の2カプうまく行くと良いな。

2019年5月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年5月30日]
カテゴリ 好きな小説

料理上手で優しく働き者のセイが何より魅力的。無限大レベルの能力持ちなのにもワクワク。第1王子が連れて行ったもう1人の聖女?が悪に転じなければいいな。マクロス同様、この作家さんは各種イケメン描くの上手い。

2019年5月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年5月30日]
カテゴリ 好きなコミック

好きだなぁこの絵。お話もおもちろい。

2019年5月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年5月30日]
カテゴリ 好きなコミック

単行本既読。今巻は激辛(つら)だからなぁ…と思いつつパラリとめくってしまったのが運の尽き。結局再読。雪哉の叫び声に涙がだだ落ち。それでもラストの雪哉の涙に嬉し泣きもできるので救われる。第二部「楽園の烏」楽しみ。

2019年5月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年5月30日]
カテゴリ 心に残る小説

理性を総動員させて可愛いノンケ受けの攻略を試みるゲイ攻め視点ターンが面白い。攻めが宝石商なのにはハートフルなオチがあったのも良かった。

2019年5月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年5月30日]
カテゴリ サクっと BL

文庫既読。イラスト見たさに再読。想像通り影から二人を見守る家臣と女官長の絵がありニマニマ。リィの花嫁姿見れたし(カバー!)ウォルが思った以上にかっこ良い。

2019年5月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年5月30日]
カテゴリ 好きな小説

素晴らしい。何度も総毛立つし鳥肌になるし涙目で完走。かなり前に単行本は既読。なのに初読のような感動を覚えるのは、人間は都合の悪い事を忘れる生物だからだろうか。何年経っても真は変わらない事がある。人類の愚かさを省み警鐘に拙いながらも余生こそ寄り添う所存である。精霊を信じたいし少なくともあらゆる生命は尊い。巻末の後書きや、20年も伴走されてきた編集者さんによる解説も必読。

2019年5月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年5月30日]
カテゴリ 心に残る小説

期待通りの甘々だが両片想いのすれ違いが攻め受け相互視点で念押しするようにジレジレ。フェイクリングが効果的。猫のアオは人間の言葉がわかるに違いない。タシタシ。

2019年5月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年5月30日]
カテゴリ サクっと BL

面白かった〜。愛妾の真相には驚きとともに同情。シェラはすっかりリィに懐き…もとい慕っているようで安堵。これは大きくなったら美少女→美青年で…と妄想してたらウォルとリィの結婚話。草陰からウォルの申込みを見守っていた家臣や女官に笑。リィが頑なに結婚に応じなかった理由にホロリ。結婚式ぶっちぎっての出陣と快進撃の末、ウォルの男前な誓いはあっぱれ。甘いくちづけにうっとり。

2019年5月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年5月30日]
カテゴリ 好きな小説

個人的1番のお気に入り暗殺人シェラが殺されそうになる悲壮巻(マグダネル斬首が大筋ではデカいとは思うけど)。王女リィが主(ぬし)になって良かった。それにしてもこの物語にラブを期待するのは無駄だとわかり始め(遅)ちょっと残念…だがそれを引いても面白い。さて、「それでは愛妾に致しましょう」で続く。でも色っぽい話ではないんだろうな(しつこい)。

2019年5月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年5月30日]
カテゴリ 好きな小説

干支神(虎)百艶×瞬。攻め受け相互視点なので読み易い。神なのにまだ若く自由奔放な百艶と心身共に美しい瞬が心を通わせる過程にホヨホヨしていたら瞬がまさかの転落死。焼け焦げの瞬を必死に探そうとする百艶に涙。大団円良かった。将来、二人が冥界に行ったら瞬を餌にして百艶を揶揄う冥王様が眼に浮かぶ。緑綺も幸せになって欲しい★yocoさん絵素晴らしい。カラー口絵は未来予想画かな。

2019年5月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年5月30日]
カテゴリ 好きなBL

元の世界では男だった王女リィが美人でとてつもなく強者。そんなリィに全く懸想しないウォル王もカッコ良い。更に銀髪美人女官シェルが男子!抜群に好みなキャラ設定で戦記という割りにコミカルで面白い♪

2019年5月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年5月30日]
カテゴリ 好きな小説

ロシア宮廷風ドラマティック。オメガバース設定にもっと目新しさが欲しいと思うのは贅沢かな

2019年5月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年5月30日]
カテゴリ サクっと BL

シリーズ4完結。どこ〜かで〜読んだ〜♪かもなアーサーの記憶喪失。想像通りの展開及び着地だけどアーサー兄エドワード参入と時広の潔さで面白かった。ところでエドワードの相手は誰なの?スピンあるのかな?

2019年5月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年5月30日]
カテゴリ サクっと BL
ツイートする