記憶の渚にて

3.06
  • (5)
  • (15)
  • (33)
  • (15)
  • (3)
本棚登録 : 253
レビュー : 34
著者 :
palmettoさん  未設定  読み終わった 

「記憶の渚にて」読了。「生まれ変わる」ための装置または容器である「私」には目的などなくても構わない、という下りを読んで何故か安心感を覚えた。「私」という器の中で傷ついても記憶の海という還る場所があると思えたからなのか。それぞれの「私」のたっている場所が記憶という海の渚なのだろう。

レビュー投稿日
2017年3月5日
読了日
2016年7月14日
本棚登録日
2016年7月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『記憶の渚にて』のレビューをもっとみる

『記憶の渚にて』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする