彩花がおしえてくれた幸福

  • ポプラ社
3.61
  • (5)
  • (2)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 32
感想 : 7
5

1997年、神戸市須磨区で起きた「酒鬼薔薇事件」で最初の犠牲者となった山下彩花ちゃんのお母様が綴った3冊目の手記。2005年、この事件の犯人は社会復帰している。
愛する娘を無残にも殺され、必死に生きる中、乳癌で乳房までも失う。それでも、暗闇の中にいながらも、光を探し、光の中で生きようとする姿や、究極の悲しみと苦しみに耐えることに裏打ちされた強さに心を打たれました。なんてすばらしい人なんでしょう。尊敬しています。
しかし、マスコミには腹がたちます。話をでっちあげたり、24時間見張られていたり、夜中に玄関のドアを叩きインタビューを求めてきたり、玄関の前に三脚を立て、カメラをセッティングをされたり・・・。被害者家族がマスコミからこんな仕打ちを。サイテー!

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 本(ノンフィクション)
感想投稿日 : 2006年12月28日
読了日 : 2006年12月28日
本棚登録日 : 2006年12月28日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする