国家と人生 寛容と多元主義が世界を変える (角川文庫)

3.78
  • (10)
  • (16)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 140
レビュー : 16
panda88さん ノンフィクション・評論   読み終わった 

佐藤優氏と竹村健一氏の、沖縄、宗教、知力、ロシア、官僚、憲法などのテーマに関する対談。竹村健一氏と言えば特徴あるキャラのイメージが先立ち、あまり注目してこなかったのですが、誤解をしていたようです。テーマ自体は佐藤氏お得意の分野ですが、竹村との対談によりさらに突っ込んだ内容になっています。さすがに中村うさぎとは違う(笑)。
佐藤氏は、速読術を熟読するための本を選別するために使っており、熟読しなければ知識は得られないと…。確かに。肝に銘じておきます。

レビュー投稿日
2014年11月2日
読了日
2014年11月1日
本棚登録日
2014年11月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『国家と人生 寛容と多元主義が世界を変える...』のレビューをもっとみる

『国家と人生 寛容と多元主義が世界を変える (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする