現代語訳 無門関

5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
レビュー : 1
著者 :
夢野 旅人さん 思想・哲学   未設定

理解したこと。
内外打成一辺、主観と客観の合一
遊戯三昧 無心に遊戯するよう 心に罣礒なく法に自在をうること

この書は私の聖典とします

迷いは一休の風教
己の研鑽はこの大道無門の境地 六道四生を迷いつづけようと思います

レビュー投稿日
2008年7月7日
本棚登録日
2008年7月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『現代語訳 無門関』のレビューをもっとみる

『現代語訳 無門関』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする